クレジットカードの審査で通るには

クレジットカードの審査で通るには

クレジットカードと聞くと、審査が厳しくて正社員として職に就いていないと、取得することが難しいイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。審査には3Cと呼ばれる基準が設けられています。

 

1つ目はCapacity、つまり返済能力です。2つ目はCharacter、つまり返済意志です。3つ目はCapital、つまり担保です。これはさまざまな属性と呼ばれる項目ごとに得点をつけて、その合計点数で判断されます。

 

一定の得点に達するとカードが発行され、その得点に応じて限度額が決まります。年齢や勤続年数や雇用形態や年収をはじめ、家族構成や居住形態などです。

 

年齢は基本的に18歳以上の社会人に申し込み資格が与えられることが多いです。ですが、25歳未満には限度額が抑えられています。

 

雇用形態では医師や弁護士、公務員、正社員の順番で審査が通りやすいと言われています。自営業、自由業、派遣社員、アルバイトやパート、主婦、学生と続きます。

 

しかし、自由業には作家や芸術家や芸能人が含まれており、著名な場合は評価が非常に高くなると言えます。クレジットカード会社のほとんどが、勤続が最低1年以上という規定を設けています。

 

ですので、入社や転職して間もない場合は審査に通りにくい可能性が高まります。勤続年収と年齢を併せて判断することが多いです。

 

大手の企業に転職して年収が高くなった場合でも、1社の勤続年数が長い方が信用度は高いのです。家族構成では結婚しているかどうか、親と同居しているかどうか、子供がいるかどうか、という3点が基準になります。

 

これは支払いが滞っている場合に本人を追跡することが可能かどうかということを、家族構成から判断しているものです。1人暮らしで独身であれば、行方をくらますことが容易にできてしまいます。

 

通りやすいのは、独身で親と同居している場合です。海外旅行などの際はクレジットカードを所持している方が便利です。

 

学生など通常のカードを発行するのが難しい場合は、通りやすい学生専用のカードに申し込むのも良いでしょう。


「ノーローン」&楽天カード

1週間無利息キャッシング「ノーローン」 楽天カード