クレジットカードの審査が通らない

クレジットカードの審査が通らない

クレジットカードとは信用カードです。与信審査をパスしないと作ることができません。

 

与信とは信用を与えること、つまりお金を貸しても確実に返してもらえるという信頼をクレジット会社から得られるということです。つまりクレジットカードを作れない人は、信用を得られなかった人ということになります。

 

審査に通らない理由として一番多いのが、申し込み書類の不備によるものです。クレジットカードの審査で一番重要なのが申込者が実在する人物であるかということで、本人確認がとれないようでは話になりません。

 

2番目に多い理由はスコアリングで得点が足りない場合です。年齢、勤務年数、年収、居住年収、家族構成などあらゆる項目にそれぞれ得点がつけられ、総合的に判断されます。

 

勤務形態は、やはり正社員が一番有利で、パートやアルバイトだと少しポイントが低くなりますし、無職では通りません。勤続年数が短いとダメだというわけではありませんが、できれば1年以上が理想的です。

 

居住年数も長いほど、ポイントが高いようです。賃貸よりも持ち家、もしくは家族と同居だとさらにポイントが高くなります。

 

特に年収、勤務年数、居住年数などの項目は最低ラインが設けてあり、どれか一つでも達していないと通らないと言われています。わかりやすく言えば、社会的地位の高い人ほど有利であるということです。

 

また、多重債務や支払い遅延などがあると、金額や回数によりますが、審査に通らない確立が極めて高くなります。ブラックリストに載っている方はどこのクレジット会社の審査にも通らないと思って間違いありません。

 

クレジットカードを申し込む際ですが、同時に複数の会社に申し込みをするのはよくありません。申し込んだ会社の結果がでてから、次のカードを申し込むようにしましょう。

 

万が一落ちてしまった場合は、すぐに次の会社に申し込みをせず、半年以上あけてから申し込む方が無難です。同じところに申し込む場合だと、1年以上あけた上で属性に変化をもたすことが必要です。


「ノーローン」&楽天カード

1週間無利息キャッシング「ノーローン」 楽天カード