クレジットカードの審査-緩い-

クレジットカードの審査-緩い-

近代社会では社会的信用の1つの方法としてクレジットカードは重要です。所有するか否か、また使用方法に関しては自己の危機管理意識はとても大切です。

 

現在では法改正により、クレジットカード・消費者金融等の限度額が年収の1/3を超える借り入れが不可能となります。新規のクレジットカード作成・キャッシング・借り入れは条件や審査がさらに厳しくなったは事実です。

 

その一方で、クレジットカードのポイントがマイルや商品券に替えられたりと、有効利用できる場も広がっています。入会・年会費も永久無料といった会社や、会社によって審査が緩い会社もありますで、急な出費やショッピングには是非活用したいものです。

 

そこで、客観的にな視点から審査の緩さについて、大きく「銀行系」「信販系」「流通系」に分けて紹介していきます。あくまでも客観的視点であり、会社によっては基準を厳しく改定している会社もありますので、1つの参考として紹介いたします。

 

まずは「銀行系カード」三井住友・UFJ・DC・JCBなどについて、これらの会社は一般低には規定が厳しい会社です。一度、または短期間に多重申込をするのはまず不可能と思っていいと思います。

 

次に「信販系カード」セゾン・オリコ・ライフなどにつきましては、発行会社によって基準が上下しますが、言い方を変えれば審査が緩い会社もあります。消費者金融・カード会社の比較サイトなどで、申し込み前に事前に金利等も含め、各社の情報収集をすると参考になります。

 

最後に「流通系カード」イオン、OMC、UCSについては、店頭で手軽に申し込みでき、銀行系・信販系に比べると基準が緩いようです。あくまで、「銀行系・信販系」に比べると緩いと言うだけなので、もちろんしっかりした基準はありますので”確実に通る”との断言は難しいです。

 

便利なとは言っても、無計画に利用してしまうと多重債務、果てには自己破産に陥るケースも少なくはないのが現状です。事前に情報を集め、計画性を持って利用するのが大切です。


「ノーローン」&楽天カード

1週間無利息キャッシング「ノーローン」 楽天カード