クレジットカードの審査内容

クレジットカードの審査内容

クレジットカードには、何種類かのカードがあります。クレジットカード会社が発行する、専門カードと言われるVISAやマスターカードアメリカンエキスプレスカード、JCBが有名です。

 

ほかにこれらのカード会社と提携したカードが数多く発行されています。ショッピング系カード、交通系のカード等が一般的です。

 

ショッピングカードは、デパートやスーパー、ホームセンターなどと提携し買い物をするたびにポイントが付けたり、また普段の日より多くポイントの付く日を設定し集客に効果を上げています。交通系カードは、航空会社が一般的でしたが、今は、JRや私鉄各社等もスイカやパスモを組合せたカードを発行しています。

 

各会社の発行するカードは、クレジット専門会社と提携しクレジットカードの発行を行います。カードは現金の代わりに使用するため、審査が必要になりますが、審査内容自体は主婦でもほとんど問題なくカードを作ることが出来ます。

 

以前にカードの滞納等で、カードを使えなくなった方でも、法的な個人再生や個人破綻も申し出をしたことがなければ、1度や2度カードの滞納等があり、それを、後から支払っていればカードを作ることが可能です。クレジットカードを申し込むと、信用保証協会等に個人情報の開示を求めます。

 

ここには、過去に滞納があった、または個人再生を行った等の情報が蓄積されていますが、過去にそう言った事例があっても保存される期間は7年と言われています。ただ単に滞納しただけなら、実際には存在しませんが良く「グレーゾーン」と言われるところに登録されていますが、この方々はショッピング系カードを作ることが可能です。

 

極端な例ですが、ご夫婦の夫が個人破綻や、個人再生を受けてもその家族はカードを作ることに問題はありません。あくまでも個人の情報として、情報を開示するので本人はカードの審査内容に問題があり審査が通らなくても、家族は審査内容に問題がないことになりカードを持つことが出来ます。


「ノーローン」&楽天カード

1週間無利息キャッシング「ノーローン」 楽天カード