クレジットカードの審査-比較-

クレジットカードの審査-比較-

クレジットカードを契約するためにはカード会社による一定の審査があります。一概に審査といっても難易度が高いものから低いもの、自営業、会社員、主婦、学生により基準が異なります。

 

カード会社によって審査が通りやすい職種も異なるので、主婦、学生だからカードを取得できないということはありません。一つのところで認められなかったので、クレジットカードは取得できないとあきらめるのではなく、自分の職業に合った審査基準を持っているところと比較してみてください。

 

いきなり銀行系のステータスの高いクレジットカードを申し込んでも、信用度の面からも難易度は高くなりますので、自分の目的と職種を考えいくつかの会社を比較してみると良いでしょう。はじめてクレジットカードを申し込む際にどのような審査基準で判断されるのかご紹介しますので、自分のステータスに合わせて比較してみてください。

 

収入面での評価対象は、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収があります。社会的な信頼性が高い医師や弁護士、公務員などは高評価になりますが、一般的には安定した収入があることが重視されます。

 

自営業や自由業は評価が低くなる場合があります。年収が高くても離職率が高いと安定した収入とみなされないので評価も低く、同じ会社に長く勤めている方が高評価になります。

 

連絡先の信頼性という部分では、住居の居住年数や住居形態、同居人の構成、電話番号などがあります。クレジットカード会社は貸付や融資後に連絡不能になることを嫌いますので、音信不通となる確立が低いほど評価が高くなります。

 

居住年数は長く持ち家の方は信頼度が高くなり、一人暮らしよりも家族同居されている方が高評価です。電話番号は書かなければ評価は悪いと考えて良いでしょう。

 

このように信頼度を高める内容とは、同じ会社に会社に勤めて安定した収入源が確保されており、同じところに長く住んでいることが望ましく、持ち家で家族同居していれば評価は問題ないようです。


「ノーローン」&楽天カード

1週間無利息キャッシング「ノーローン」 楽天カード