クレジットカードの審査-ブラック-

クレジットカードの審査-ブラック-

とても便利なクレジットカードですが、1つ使い方を間違えてしまうと、大変な事態に陥ってしまうことがあります。例えば、毎月の買い物を収入以上にしてしまって支払いが追いつかない、などというような場合です。

 

この時、もしも支払いが3ヶ月遅れてしまうと、俗に言う「ブラックリスト」に載った状態になってしまいます。引き落とし日から3ヶ月間支払が遅れると、その遅延は通常のものと区別され、事故情報として個人信用情報機関に登録されてしまい、これがブラックリストに載ったと言われている状態です。

 

個人信用情報機関にこのような事故情報(ブラック情報)が登録されると、最低5年間は記録が残ります。この間に新しくクレジットカードを作ろうと思っても、ほぼ100%に近い確立で審査落ちしてしまいます。

 

なぜかというと、1度ブラック情報に登録された人は2度3度と同じことを繰り返すことが多い、という統計があるからです。事故情報に登録された経験のある人は、登録が抹消されるとまた同じことを繰り返してしまう傾向にあるのです。

 

そのようなデータがあるのにも関らず、登録されている人にクレジットカードを発行してくれるような会社はありませんので、当然審査にはほとんど通らなくなります。そのため、カードの使い方を間違えないようにする必要があるのです。

 

また、支払の遅延以外にも自己破産・失踪宣告・民事再生手続きをすると同じように事故情報として個人信用情報機関に登録されてしまいます。これらの場合には最低7年間登録された状態になります。

 

この場合も支払いの遅延と同じようにブラックリストに載っている状態ですので、クレジットカードの審査に通る可能性は極めて低いと言えます。中には、自己破産者などの事故情報が登録されている人でもクレジットカードが作れる会社もあるようですが、一番大切なことは節度のあるカードの使い方をすることや、もしも事故情報を登録されてしまった場合にはなぜそのようになってしまったのかを反省することではないでしょうか。


「ノーローン」&楽天カード

1週間無利息キャッシング「ノーローン」 楽天カード