クレジットカードの審査

クレジットカードの審査について紹介

クレジットカードは所持しているととても便利なカードですが、所持するためにはカード会社による一定の基準があります。審査の基準はカード会社により異なる場合もありますが、一般的には住所氏名、勤務先、勤続年数、年収などの情報により評価していきます。

 

クレジットカード会社はお金を貸し付ける側ですから、借り入れる人の返済能力と信用度を評価するということです。返済の能力、返済の意志、自債の担保の評価が審査に大きく影響します。

 

基準の難易度もカード会社により異なるので、自分の目的と信頼度をよく認識して、自分にあったクオリティーを提供してもらえるところと契約することをお勧めします。クレジットカードと一口に言っても様々な金融業者があります。

 

全てではないですが比較的に多いのが、主にキャッシングを多く扱う消費者金融、クレジットカードの提供を主とする信販会社、住宅自動車といったローンをを主に扱う銀行系になります。これら金融業者は審査の基準も違ってきますが、この中では銀行の審査が一番厳しいと言われています。

 

それに比べ消費者金融では比較的基準は甘く、専業主婦などのように定期的な収入がなくても、世帯主の扶養であれば高額のキャッシングを受けることができるようです。また、はじめてクレジットカードを申し込む際にクオリティーの高い銀行系のカードを申し込んでも、受け付けてもらえない場合がありますので、自分の目的に合ったカード会社に申し込むことがよいでしょう。

 

主な審査の項目をご紹介しますので、申し込む基準の参考にしてみてください。収入面では勤務先、雇用形態、勤続年数、年収などで転職が多いよりも、同じ会社に長く勤めている方が高評価になります。

 

身元保証や連絡先については、住居形態、居住年数、家族構成、連絡先などで借家よりも持ち家、独身よりも家族と同居など身元がきちんと確認できて、確実な連絡先があることが高評価につながります。

 


「ノーローン」&楽天カード

1週間無利息キャッシング「ノーローン」 楽天カード